コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍橋 くらぼね

2件 の用語解説(鞍橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞍橋
くらぼね

馬具の一種。の主要部分をいうが,鞍橋を単に鞍という場合もある。前輪 (まえわ) ,後輪 (しずわ) ,居木 (いぎ) より成る。本来革製であったが,日本の場合は木製であったようで,正倉院に朝鮮鞍式 (大陸系) のものと和鞍式の2種類が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くら‐ぼね【×橋/×鞍骨/×瓦】

鞍の骨格をなす部分。前輪(まえわ)後輪(しずわ)居木(いぎ)からなる。鞍。鞍瓦(あんが)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鞍橋の言及

【鞍】より

…名称は人が乗る座(くら)に由来し,鞍の字は漢代に革製品が使われていたことと関係がある。近代以前の騎馬では,馬の背に韉(したぐら)(下鞍)をかけ,鞍褥(くらしき)を重ねて鞍橋(くらぼね)をのせ,鞍覆(くらおおい)を敷いて両側に障泥(あおり)を下げると一そろいになった。この鞍橋のことを一般に鞍という。…

※「鞍橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鞍橋の関連キーワード胸繋寄木造鞍皆具構桁極髄椎体下鞍水緒じゅう(絨)毛膜矩計

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone