コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞固親王 さだかたしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞固親王 さだかたしんのう

?-930 平安時代前期-中期,清和天皇の皇子。
母は橘休蔭(たちばなの-よしかげ)の娘。貞観(じょうがん)15年親王となる。元慶(がんぎょう)8年常陸太守に任じられ,のち弾正尹(だんじょうのいん),大宰帥(だざいのそち)を歴任。三品。延長8年5月15日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞固親王の関連キーワード醍醐天皇醍醐天皇國友真由美青木優梨SHINYA醍醐天皇フェルナン・ゴンサレス醍醐天皇ジヤール朝朱雀天皇