貞固親王(読み)さだかたしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞固親王 さだかたしんのう

?-930 平安時代前期-中期,清和天皇の皇子。
母は橘休蔭(たちばなの-よしかげ)の娘。貞観(じょうがん)15年親王となる。元慶(がんぎょう)8年常陸太守に任じられ,のち弾正尹(だんじょうのいん),大宰帥(だざいのそち)を歴任。三品。延長8年5月15日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android