コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞舜 じょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞舜 じょうしゅん

1334-1422 南北朝-室町時代の僧。
建武(けんむ)元年生まれ。天台宗比叡(ひえい)山で貞済(じょうさい)に師事し,西塔宝園院にはいる。応永年間に近江(おうみ)(滋賀県)柏原の成菩提(じょうぼだい)院を中興し,教学の振興につくした。応永29年1月死去。89歳。著作に「天台名目類聚鈔」「三百帖見聞」「俗諦常住」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞舜の関連キーワード室町時代南北朝建武

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android