コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞頼親王 さだよりしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞頼親王 さだよりしんのう

876-922 平安時代前期-中期,清和天皇の第10皇子。
貞観(じょうがん)18年生まれ。母は藤原直宗の娘。貞観18年兄貞真(さだざね)とともに親王となる。延喜(えんぎ)4年延暦寺(えんりゃくじ)西塔院に四天王像をおさめ,12年近江(おうみ)(滋賀県)蒲生郡の津田荘を同寺に寄進した。延喜22年2月8日死去。47歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞頼親王の関連キーワード補助保佐保佐人補助人ルイ[4世]ロベール1世陽成天皇カール[3世]陽成天皇ルートウィヒ[2世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android