財形住宅貯蓄積立保険・財形住宅傷害保険

保険基礎用語集の解説

財形住宅貯蓄積立保険・財形住宅傷害保険

勤労者財産形成促進法に基づく生命保険会社、損害保険会社の財形住宅貯蓄商品です。持家の取得や増改築等のために保険料を積立て、その費用を支払う場合に、所定の手続きにより契約者である勤労者が満期日を指定し満期返戻金を受取ることができます。また残高の一部を持家取得等費梢返戻金として払出すこともできます。住宅の取得等のために払出す場合は、払込保険料累計額(元本)550万円までは利子非課税となります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android