コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形年金保険 ザイケイネンキンホケン

デジタル大辞泉の解説

ざいけいねんきん‐ほけん【財形年金保険】

財形貯蓄制度に基づき、勤労者の財産形成を支援するための保険の一つ。保険料払い込み期間および据え置き期間中に契約者が死亡した場合、死亡保険金が支払われるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

財形年金保険

財形保険の一です。生命保険会社の場合、払込保険料の累計385万円(財形住宅貯蓄積立保険と通算で550万円)までは利子などの差益非課税となり、さらに年金受取開始後に受け取る年金も非課税になります。年金受け取り以外の目的で引き出す場合は解約となり20%の源泉分離課税となります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

財形年金保険の関連キーワード財産形成保険財形保険

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android