コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形住宅貯蓄積立保険 ザイケイジュウタクチョチクツミタテホケン

デジタル大辞泉の解説

ざいけいじゅうたくちょちく‐つみたてほけん〔ザイケイヂユウタクチヨチク‐〕【財形住宅貯蓄積立保険】

財形貯蓄制度に基づき、勤労者の財産形成を支援するための保険の一。住宅の取得を目的に保険料を積み立てる。住宅取得目的で引き出す場合、払い込み保険料累計が550万円までは利子非課税となるが、住宅取得以外の目的で引き出す場合は解約となり、課税対象となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

財形住宅貯蓄積立保険

財形保険の一です。住宅取得を目的に積み立て、その目的で引き出す場合には利子非課税になります。生命保険会社の場合、財形年金積立保険と合わせて払込保険料累計550万円までは差益が非課税となります。住宅取得以外の目的で引き出す場合は解約となり20%の源泉分離課税となります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

財形住宅貯蓄積立保険の関連キーワード財産形成保険財形年金保険財形保険