販売基準(読み)はんばいきじゅん(英語表記)sales basis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

販売基準
はんばいきじゅん
sales basis

企業会計における収益把握にあたって適用される原則。企業会計においては収益は企業の提供する財貨またはサービスが販売された時点で実現したものとみなされる。この実現の意味を一方で販売という事実,すなわち財貨の売渡し,サービスの提供という事実,他方ではこれによって現金あるいは容易に現金化できる資産,すなわち支払手段として使用可能な確実な資産の獲得という事実の両者に求める基準が販売基準である。また法律上の所有権移転の事実よりも実際に行われた取引事実を尊重して,受注した商品の引渡しまたは発送をもって販売とみなす。この処理原則は商品の価値が販売という事実,すなわち買手の価値の承認によって初めて価格が確定する (商品価値が社会的に初めて実現する) ということに基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android