有機(読み)ユウキ

大辞林 第三版の解説

ゆうき【有機】

生命をもち、生活機能や生活力を備えていること。
生物体のように、全体を構成している各部分が、互いに密接な統一と関連をもっていること。
「有機化学」「有機化合物」「有機物」の略。
▽⇔ 無機

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐き イウ‥【有機】

〘名〙
生命力を有すること。生活機能を備え、生活力を有すること。また、そのもの。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉七「進んで無機有機(イウキ)を通じ、動植両界を貫き」
② 有機物の性質を有すること。
※舎密局開講之説(1869)〈三崎嘯輔訳〉「蓋し有機の諸体は概ね酸、炭、水、窒の四気より成る者なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有機の関連情報