コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴田元親 きだ もとちか

1件 の用語解説(貴田元親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴田元親 きだ-もとちか

?-1689 江戸時代前期の兵法家。
加藤清正の子貴田正勝の孫。父元辰(もととき)から摂津尼崎(あまがさき)藩(兵庫県)藩主青山家の家老職をつぐ。のちに浪人し,北条氏長(うじなが)に師事,山鹿素行とともに甲州流兵学をまなぶ。弘前(ひろさき)藩主津軽信政にまねかれたが辞退し,かわって子の親邦(ちかくに)がつかえた。元禄(げんろく)2年4月死去。通称は孫太夫。著作に「駅路八達録」「武教私手鏡」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貴田元親の関連キーワード義山理忠中ロ関係落柿舎中ロ国境画定の経緯こうじ阿羅野石鎚山脈ウィリアム歌学方クリスティーナ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone