コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川南竜 かがわ なんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀川南竜 かがわ-なんりゅう

1781-1838 江戸時代後期の医師。
天明元年6月11日生まれ。大坂で開業していた賀川有章の門にはいり,その養子となる。女性の刑死者を解剖して子宮解剖図などをのせた「南陽館一家言」をあらわした。天保(てんぽう)9年7月22日死去。58歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓本多。名は惇徳。字(あざな)は子允。通称は秀哲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

賀川南竜 (かがわなんりゅう)

生年月日:1781年6月11日
江戸時代後期の産科医
1838年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

賀川南竜の関連キーワード賀川秀益生年月日

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android