コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀集恒左衛門 かしゅう つねざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀集恒左衛門 かしゅう-つねざえもん

?-1856 幕末の庄屋。
賀集珉平(みんぺい)の弟。淡路(あわじ)(兵庫県)の人。淡路焼を創業した兄の跡をついで,伊賀野村の庄屋となる。兄の陶器製作に協力し,その経営をたすけた。安政3年8月死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

賀集恒左衛門の関連キーワード川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)恵美須ヶ鼻造船所跡大森安仁子シドモアノットブリガムマードックマイルモーリッシュ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android