コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀集恒左衛門 かしゅう つねざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀集恒左衛門 かしゅう-つねざえもん

?-1856 幕末の庄屋。
賀集珉平(みんぺい)の弟。淡路(あわじ)(兵庫県)の人。淡路焼を創業した兄の跡をついで,伊賀野村の庄屋となる。兄の陶器製作に協力し,その経営をたすけた。安政3年8月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

賀集恒左衛門の関連キーワード川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)恵美須ヶ鼻造船所跡大森安仁子シドモアディクソンノットブリガムマードックマイル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android