コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀集珉平 かしゅう みんぺい

3件 の用語解説(賀集珉平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

賀集珉平

陶工。淡路焼の開祖。幼名豊之助。庄屋三郎兵衛友治の子。家業の醤油醸造を廃し製陶に従事、茶褐釉や白釉を創製し、藩主蜂須賀氏の賞をうける。更に官窯を設け、古染付・絵高麗等の諸作品を製出した。特に黄南京手・京焼風色絵風が有名。和歌・茶事・和漢学も能くした。明治4年(1871)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かしゅう‐みんぺい〔カシフ‐〕【賀集珉平】

[1796~1871]幕末・明治初期の陶芸家。淡路の人。淡路焼を創始し、諸種の釉薬(ゆうやく)を発明。色絵陶などにすぐれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀集珉平 かしゅう-みんぺい

1796-1871 江戸時代後期の陶工。
寛政8年1月15日生まれ。文政のはじめ京焼の陶工尾形周平にであい,郷里の淡路(あわじ)(兵庫県)伊賀野村に窯をひらく。天保(てんぽう)3年周平の指導をうけ,のち淡路にまねいた。13年(1842)藩窯をきずき,黄南京写(きナンキンうつし)や京焼風の陶器をつくる。淡路焼あるいは珉平焼とよばれた。明治4年7月12日死去。76歳。名は惟一。号は勝瑞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

賀集珉平の関連キーワード浅見五郎介開善寺墨染石岡林兵衛黄谷金清月窓宗七(5代)天中陶斎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone