コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀集珉平(読み)かしゅう みんぺい

美術人名辞典の解説

賀集珉平

陶工。淡路焼の開祖。幼名豊之助。庄屋三郎兵衛友治の子。家業の醤油醸造を廃し製陶に従事、茶褐釉や白釉を創製し、藩主蜂須賀氏の賞をうける。更に官窯を設け、古染付・絵高麗等の諸作品を製出した。特に黄南京手・京焼風色絵風が有名。和歌・茶事・和漢学も能くした。明治4年(1871)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀集珉平 かしゅう-みんぺい

1796-1871 江戸時代後期の陶工。
寛政8年1月15日生まれ。文政のはじめ京焼の陶工尾形周平にであい,郷里の淡路(あわじ)(兵庫県)伊賀野村に窯をひらく。天保(てんぽう)3年周平の指導をうけ,のち淡路にまねいた。13年(1842)藩窯をきずき,黄南京写(きナンキンうつし)や京焼風の陶器をつくる。淡路焼あるいは珉平焼とよばれた。明治4年7月12日死去。76歳。名は惟一。号は勝瑞

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android