コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡路焼 あわじやき

4件 の用語解説(淡路焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡路焼
あわじやき

淡路国 (淡路島) 三原郡稲田村で,文政年間 (1818~30) に大地主の賀集 珉平 (かしゅうみんぺい) が始めた陶磁器。 珉平焼とも呼ばれる。 珉平は天保5 (34) 年に京都から陶工尾形周平を招いて陶芸を学び,茶褐釉や黄釉,青釉などをはじめ,絵高麗,艶黒釉などを発明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あわじ‐やき〔あはぢ‐〕【淡路焼】

淡路島に産する陶器。黄釉(おうゆう)による鮮やかな色を特色とする。天保5年(1834)に賀集珉平(かしゅうみんぺい)が創始。珉平焼。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あわじやき【淡路焼】

淡路島の南淡町(現南あわじ市)付近で産する陶器。賀集珉平かしゆうみんぺいが文政年間(1818~1830)に創始。黄釉陶おうゆうとうが多い。珉平焼。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡路焼
あわじやき

淡路島で焼かれた焼物で、(みんぺい)焼ともいう。文政(ぶんせい)年間(1818~1830)淡路国稲田村(兵庫県南あわじ市)のしょうゆ醸造家賀集(かしゅう)平により、淡路島の伊賀野村(現、南あわじ市北阿万伊賀野)に開窯された。平は初め楽焼を試み、黄釉(こうゆう)、青釉を開発したが、1834年(天保5)には京都から陶工尾形周平を招き、1838年には茶褐釉、鬱(うつ)白陶を創製した。1842年、藩主蜂須賀(はちすか)侯は官窯を築き、平にこれを任せた。一般に京焼風のものが多いが、青磁、白磁、染付、色絵、安南写し、絵高麗(こうらい)写し、交趾(こうち)写しなども焼かれた。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡路焼の関連キーワード淡路廃帝淡路島公園淡路島地震淡路〈町〉兵庫県淡路市草香兵庫県淡路市里兵庫県淡路市佐野西淡〈町〉緑〈町〉三原〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone