コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本節制 しほんせっせい

1件 の用語解説(資本節制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しほんせっせい【資本節制】

中国において孫文が三民主義民生主義の中で〈地権平均〉と並べて掲げた主張。中国語は節制資本。大資本家が企業の利益を独占するのを防ぐための経済政策で,地権平均の政策よりもずっと遅れて形成された。辛亥革命後の1912年,鉄道その他独占的性質を持つ事業の国有化を主張して資本節制の原型を明確化した孫文は,22年1月〈軍人の精神教育〉と題する講演で,経済的不平等の解決策として土地と資本の問題を挙げ,資本問題については工場・鉱山・鉄道を少数の資本家に操縦されないよう国有化すべしと説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資本節制の関連キーワード五権憲法三民主義中国革命同盟会ホドラー民主社会主義民族主義孫文主義超国家主義民権主義民生主義

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone