賤ケ岳の戦い(読み)しずがたけのたたかい

旺文社日本史事典 三訂版「賤ケ岳の戦い」の解説

賤ケ岳の戦い
しずがたけのたたかい

安土桃山時代,近江国(滋賀県)賤ケ岳で行われた豊臣秀吉柴田勝家を破った合戦
本能寺の変後,両者織田信長の後継者の地位を争い,1583年琵琶湖北方において合戦。秀吉旗下の福島正則加藤清正らのいわゆる七本槍が奮戦し勝家を撃破した。勝家は越前北庄にのがれ自刃。以後秀吉の声望が高まった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「賤ケ岳の戦い」の解説

しずがたけ【賤ケ岳】 の 戦(たたか)

天正一一年(一五八三)賤ケ岳で行なわれた羽柴秀吉と柴田勝家との戦い。本能寺の変後、織田信長の二男信雄を奉ずる秀吉と、三男信孝を擁する勝家の対立が原因。勝家は敗れて自刃し、秀吉の全国統一の基礎が築かれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android