コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤者考 せんじゃこう

世界大百科事典 第2版の解説

せんじゃこう【賤者考】

本居内遠(もとおりうちとお)の制度考証書。1冊。1847年(弘化4)成立。江戸時代における被差別身分の由来をおよそ52項目にわたって考証している。その起源を古代の律令制に求める一方,同時代の被差別民の区分をこまかく記し,とりわけ芸能民の資料にくわしい。しかし,その歴史的起源については誤りが多く,また,古代を是とする国学思想の偏見から,結局,差別する立場を取っているのが惜しまれる。【野口 武彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

賤者考の関連キーワード乞食(こじき)隠亡

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android