賤者考(読み)せんじゃこう

世界大百科事典 第2版の解説

せんじゃこう【賤者考】

本居内遠(もとおりうちとお)の制度考証書。1冊。1847年(弘化4)成立。江戸時代における被差別身分の由来をおよそ52項目にわたって考証している。その起源を古代の律令制に求める一方,同時代の被差別民の区分をこまかく記し,とりわけ芸能民の資料にくわしい。しかし,その歴史的起源については誤りが多く,また,古代を是とする国学思想の偏見から,結局,差別する立場を取っているのが惜しまれる。【野口 武彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android