質に取る(読み)シチニトル

  • しち
  • に 取(と)る
  • 質(しち)に取・る

精選版 日本国語大辞典の解説

① 質として財物を受け取る。
※古今著聞集(1254)一二「小野宮は、むかし惟喬のみこの、双六のしちに取給へる所也」
② 人質を預かる。人質にする。
※今昔(1120頃か)二三「其の妹を質(しち)に取(とり)て、刀を差充(さしあて)て抱て居けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android