コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ら アカラ

デジタル大辞泉の解説

あか‐ら【赤ら】

[名]
《飲めば顔が赤くなるところから》酒。あか。
「―呑(の)め」〈浮・二十不孝・五〉
他の語の上に付いて複合語をつくる。
㋐赤みを帯びているさまを表す。「赤ら顔」
㋑《上代語》つやつやと赤みを帯びて、美しいさまを表す。「赤らおとめ」「赤らたちばな」
[形動ナリ]赤みを帯びて美しいさまを表す。
「脣口は―に好きこと頗黎(はり)の色の如し」〈金光明最勝王経平安初期点〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あから【赤ら】

〔「ら」は接尾語〕
他の語の上に付いて複合語をつくる。
赤みを帯びているさまを表す。 「 -顔」
つやつやと赤みを帯びて、美しいさまを表す。 「 -おとめ」
〔飲めば顔が赤くなるところから〕 酒の異名。 「先祖より酒の家に生れ、-飲めと言はれてこのかた/浮世草子・二十不孝 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赤らの関連キーワードりゅうこつ座(竜骨座)コントロールカラーコロラド[州]金時にんじん紅葉を散らすクビキリギス火の出るよう宜し・良らしきじむなあイカリオス豊の明かり慚羞・慙羞ぼうっとテレック赤くなる赤らけし赤らけみ浮世草子はにかむ豊明節会

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤らの関連情報