赤土煙草(読み)あかつちたばこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤土煙草
あかつちたばこ

水府煙草(すいふたばこ)の一つ。江戸時代、常陸(ひたち)国(茨城県)久慈(くじ)郡赤土村(現、常陸太田(おおた)市)で産した上等品の煙草。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android