金砂郷(読み)かなさごう

日本大百科全書(ニッポニカ)「金砂郷」の解説

金砂郷
かなさごう

茨城県北部、久慈郡(くじぐん)にあった旧町名(金砂郷町(まち))。現在は常陸太田市(ひたちおおたし)の南西部を占める一地区。1955年(昭和30)郡戸(ぐんど)、久米(くめ)、金郷(かなごう)、金砂の4村が合併して金砂郷村となり、1993年(平成5)町制施行。2004年(平成16)水府村(すいふむら)、里美村(さとみむら)とともに、常陸太田市に編入。旧町域は、久慈山地南端の丘陵性山地と、久慈川流域平野をもつ。国道293号が通じる。1180年(治承4)源頼朝(よりとも)と佐竹秀義(ひでよし)との金砂山合戦のあった佐竹氏の拠城、金砂城跡がある。赤土(あかつち)地区は1969年(昭和44)に廃作された葉タバコ、水府(すいふ)種起源の地といわれ、いまも葉タバコ、ソバ、大豆(納豆用小粒種)の栽培が盛んである。金砂郷工業団地がある。西金砂神社の田楽(でんがく)舞(金砂田楽)は小田楽が6年ごと、大田楽(磯出大田楽)が72年ごと(最近年は2003年)に行われる国選択無形民俗文化財。西光(さいこう)寺の木造薬師如来坐像(にょらいざぞう)は国指定重要文化財。

[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「金砂郷」の解説

金砂郷
かなさごう

茨城県北部,常陸太田市南西部の旧町域。 1955年郡戸村,久米村,金郷村,金砂村の4村が合体して金砂郷村となり,1993年町制。 2004年常陸太田市に編入。かつては砂金の産地で,地名もこれに由来。おもに米作行ない,水府タバコを産する。太田県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android