コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤城碑 せきじょうひ

世界大百科事典 第2版の解説

せきじょうひ【赤城碑】

韓国中央部の忠清北道丹陽郡丹陽面にある石碑で,1978年に山城跡で掘り出された。縦・横約1m,厚さ約25cmで,材質は花コウ岩。碑石は縦に二つに割れ,上部も細かく砕かれていたが,22行に毎行20字ほどの文字が刻記されていたと推定され,現在約280字が判読されている。碑文に〈赤城〉の地名があり,所在地は高句麗の赤山県(赤城ともいう)であったことから,碑は赤城碑と呼ばれる。碑文には新羅の伊史夫智ら9名の高官の名と官位が,つづいて真興王が赤城と周辺の民に恩典を施し彼らを慰撫したこと,最後に碑の建立に関与した地方官の名と官位とが銘記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤城碑の関連キーワード真興王拓境碑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android