コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤城碑 せきじょうひ

1件 の用語解説(赤城碑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきじょうひ【赤城碑】

韓国中央部の忠清北道丹陽郡丹陽面にある石碑で,1978年に山城跡で掘り出された。縦・横約1m,厚さ約25cmで,材質は花コウ岩。碑石は縦に二つに割れ,上部も細かく砕かれていたが,22行に毎行20字ほどの文字が刻記されていたと推定され,現在約280字が判読されている。碑文に〈赤城〉の地名があり,所在地高句麗の赤山県(赤城ともいう)であったことから,碑は赤城碑と呼ばれる。碑文には新羅の伊史夫智ら9名の高官の名と官位が,つづいて真興王が赤城と周辺の民に恩典を施し彼らを慰撫したこと,最後に碑の建立に関与した地方官の名と官位とが銘記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤城碑の関連キーワード内臣漢江錦江慶尚北道忠清南道忠清北道潘基文オクラホマカンザス潘基文氏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone