コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤尾の道宗 あかおの どうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤尾の道宗 あかおの-どうしゅう

1452/62-1516 室町-戦国時代の仏教篤信者。
享徳元/寛正(かんしょう)3年生まれ。越中(富山県)赤尾の人。浄土真宗本願寺の蓮如(れんにょ)に傾倒,「御文(おふみ)」を多数写伝し,文亀(ぶんき)元年「赤尾道宗二十一箇条」をかいて信心につとめた。後世,浄土真宗の篤信者をさしていう妙好人(みょうこうにん)の典型とされた。永正(えいしょう)13年死去。55/65歳。俗名は弥七,弥七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤尾の道宗の関連キーワード戦国時代享徳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android