コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤木格堂 あかぎ かくどう

美術人名辞典の解説

赤木格堂

俳人。岡山県生。名は亀一。東京専門学校卒。パリに留学、帰国後衆議院議員を経て、九州日報・山陽新報主筆等を務める。明治32年(1899)正岡子規に入門、俳句及び短歌に専念した。子規歿後は門下の葛藤を避けて俳壇を退いたが、時々『馬酔木』に出詠した。昭和23年(1948)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤木格堂 あかき-かくどう

1879-1948 明治-昭和時代前期の俳人,政治家。
明治12年7月27日生まれ。正岡子規(しき)晩年の弟子で,「日本」の俳句欄の代選をした。江戸時代の歌人平賀元義発掘につくしたが,子規没後は俳壇からはなれた。「山陽新報」主筆などをつとめ,大正6年衆議院議員。昭和23年12月1日死去。70歳。岡山県出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は亀一。著作に「子規夜話」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤木格堂の関連キーワード赤木亀一原 抱琴原抱琴俳人格堂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android