コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤木格堂 あかぎ かくどう

2件 の用語解説(赤木格堂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

赤木格堂

俳人。岡山県生。名は亀一。東京専門学校卒。パリに留学、帰国後衆議院議員を経て、九州日報・山陽新報主筆等を務める。明治32年(1899)正岡子規に入門、俳句及び短歌に専念した。子規歿後は門下の葛藤を避けて俳壇を退いたが、時々『馬酔木』に出詠した。昭和23年(1948)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤木格堂 あかき-かくどう

1879-1948 明治-昭和時代前期の俳人,政治家。
明治12年7月27日生まれ。正岡子規(しき)晩年の弟子で,「日本」の俳句欄の代選をした。江戸時代の歌人平賀元義発掘につくしたが,子規没後は俳壇からはなれた。「山陽新報」主筆などをつとめ,大正6年衆議院議員。昭和23年12月1日死去。70歳。岡山県出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は亀一。著作に「子規夜話」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤木格堂の関連キーワード池田寅二郎川瀬光順島津隼彦瀬川章友竹原荘次郎立野徳治郎広瀬千秋三隅正安田昌和田徳次郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone