コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松光映 あかまつ こうえい

1件 の用語解説(赤松光映の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松光映 あかまつ-こうえい

1820*-1895 江戸後期-明治時代の僧。
文政2年12月19日生まれ。江戸寛永寺の見明院光千について出家。比叡(ひえい)山で修行し,弘化(こうか)2年大阿闍梨(あじゃり)となり,比叡山の金台院や大和(奈良県)竹林坊の住持をつとめる。明治8年延暦寺(えんりゃくじ)座主(天台宗管長),12年大教正。明治28年8月15日死去。77歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。字(あざな)は曇覚。号は如如院,棘樹,一如庵。著作に「初心暗誦要文」「武峰論話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松光映の関連キーワード加藤景久国包(13代)佐藤則義昇斎一景関直吉多々羅文雅長寿庵米賀中村理禎牧亭駒人(2代)山田宗寿