コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松源右衛門 あかまつ げんえもん

2件 の用語解説(赤松源右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松源右衛門 あかまつ-げんえもん

?-1734* 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
丹後田辺藩領加佐郡二箇村(京都府大江町)の年寄。享保(きょうほう)18年赤松佐兵衛らとともに凶作と洪水で困窮した農民を指導。年貢率の引き下げなどを田辺城下に訴願するが捕らえられ,同年12月21日処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松源右衛門

没年:享保18.12.21(1734.1.25)
生年:生年不詳
享保18(1733)年丹後(京都府)田辺藩領に起きた百姓一揆の指導者のひとり。加佐郡二箇村(大江町)の年寄。前年の凶作と由良川の洪水は周辺村々に多大な被害をもたらし,源右衛門は同村佐兵衛らとはかり決起,夫食米貸与,年貢率引き下げなどを要求したが,捕らえられ獄門の刑を受けた。地元では源右衛門,佐兵衛を赤松兄弟とし稲荷社として祭っている。

(藪田貫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松源右衛門の関連キーワード丹後京田辺京丹後京極高之牧野明成牧野惟成牧野弼成牧野英成牧野宣成牧野以成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone