コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松源右衛門 あかまつ げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松源右衛門 あかまつ-げんえもん

?-1734* 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
丹後田辺藩領加佐郡二箇村(京都府大江町)の年寄享保(きょうほう)18年赤松佐兵衛らとともに凶作と洪水で困窮した農民を指導。年貢率の引き下げなどを田辺城下に訴願するが捕らえられ,同年12月21日処刑された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松源右衛門

没年:享保18.12.21(1734.1.25)
生年:生年不詳
享保18(1733)年丹後(京都府)田辺藩領に起きた百姓一揆の指導者のひとり。加佐郡二箇村(大江町)の年寄。前年の凶作と由良川の洪水は周辺村々に多大な被害をもたらし,源右衛門は同村佐兵衛らとはかり決起,夫食米貸与,年貢率引き下げなどを要求したが,捕らえられ獄門の刑を受けた。地元では源右衛門,佐兵衛を赤松兄弟とし稲荷社として祭っている。

(藪田貫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

赤松源右衛門の関連キーワード平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテール文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子麻田剛立蘆屋道満大内鑑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android