コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松雲嶺 あかまつ

美術人名辞典の解説

赤松雲嶺

南画家。大阪生。名は好亮、字は公明、小山雲泉、のち姫島竹外師事し、山水画花鳥画を研鑽する。官展を中心に活躍し、帝展・文展無鑑査となる。戦後は大集会に所属し大阪市展の審査員もつとめた。写実味の強い水墨山水を得意とする。日本南画院同人。画塾墨雲社主宰。昭和33年(1958)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松雲嶺 あかまつ-うんれい

1892-1958 大正-昭和時代の日本画家。
明治25年12月12日生まれ。小山雲泉,姫島竹外に師事。大正4年文展で「渓山清趣」が初入選,以後帝展,新文展,日展などで活躍。また12年日本南画院同人となり,画塾墨雲社を主宰した。昭和33年10月16日死去。65歳。大阪出身。本名は好亮。作品に「金剛山の図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松雲嶺の関連キーワード姫島 竹外昭和時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android