コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曽川 きそがわ

3件 の用語解説(木曽川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曽川
きそがわ

愛知県の北西部,一宮市北西部の旧町域。木曾川の左岸にある。 1906年黒田町,玉の井村,里小牧村が合体し黒田町成立。 1910年黒田町から木曽川町に改称。 2005年一宮市に編入。中心集落の黒田は戦国時代末に黒田城が築かれ,江戸時代には岐阜街道の宿場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きそ‐がわ〔‐がは〕【木曽川】

長野県中西部の鉢盛山に発し、飛騨(ひだ)川を合して伊勢湾に注ぐ川。長さ227キロ。上流は木曽谷の峡谷で、中流域の峡谷は日本ラインとよばれる景勝地。下流では輪中(わじゅう)がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕木曽川(きそがわ)


中部地方を南西に流れる川。1級河川(木曽川水系)。延長227km。流域面積9100km2。長良(ながら)川・揖斐(いび)川とともに、古くから木曽三川と称され、流域は長野・岐阜・愛知・三重県に及ぶ。長野県西部の鉢盛(はちもり)山(標高2446m)南腹に源を発し、木曽谷を南西流して王滝(おうたき)川などを合流、美濃加茂(みのかも)市で最大の支流・飛騨(ひだ)川を合わせ、濃尾(のうび)平野に入り、愛知・岐阜県境を西流、岐阜市南方から南流に転じて長良川・揖斐川と並流し、三重県桑名(くわな)市と木曽岬(きそさき)町の境で伊勢(いせ)湾に注ぐ。中部山岳地帯を刻む上・中流域では寝覚床(ねざめのとこ)・恵那(えな)峡・日本ラインなどの峡谷が連続し、景勝地に恵まれる。下流域の濃尾平野では左岸の愛知県側に日本最大級の犬山(いぬやま)扇状地を形成、さらに下流では長良川・揖斐川とともに大沖積地を形成、堤防で囲まれた輪中(わじゅう)地帯や伊勢湾岸の干拓地が広がる。上流域ではヒノキ・スギなどの良材を産出し、かつては筏(いかだ)流しが行われた。本・支流には数多くの発電所やダムがあり、日本屈指の電源地帯をなす。愛知用水などの水源となり、名古屋市周辺の工業用水農業用水上水道に利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木曽川の関連キーワード綾川思川北川ダーリング川ブルタバ川ロアール川二級河川準用河川ヤムナー[川]小瀬川

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木曽川の関連情報