木曽川(読み)きそがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曽川
きそがわ

愛知県の北西部,一宮市北西部の旧町域。木曾川左岸にある。 1906年黒田町,玉の井村,里小牧村が合体し黒田町成立。 1910年黒田町から木曽川町に改称。 2005年一宮市に編入。中心集落の黒田は戦国時代末に黒田城が築かれ,江戸時代には岐阜街道の宿場町として発展。古くから綿織物絹織物業が盛んであった。明治末期からは毛織物業に転じ,尾西毛織物業地域の一部を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕木曽川(きそがわ)


中部地方を南西に流れる川。1級河川(木曽川水系)。延長227km。流域面積9100km2。長良(ながら)川・揖斐(いび)川とともに、古くから木曽三川と称され、流域は長野・岐阜・愛知・三重県に及ぶ。長野県西部の鉢盛(はちもり)山(標高2446m)南腹に源を発し、木曽谷を南西流して王滝(おうたき)川などを合流、美濃加茂(みのかも)市で最大の支流・飛騨(ひだ)川を合わせ、濃尾(のうび)平野に入り、愛知・岐阜県境を西流、岐阜市南方から南流に転じて長良川・揖斐川と並流し、三重県桑名(くわな)市と木曽岬(きそさき)町の境で伊勢(いせ)湾に注ぐ。中部山岳地帯を刻む上・中流域では寝覚床(ねざめのとこ)・恵那(えな)峡・日本ラインなどの峡谷が連続し、景勝地に恵まれる。下流域の濃尾平野では左岸の愛知県側に日本最大級の犬山(いぬやま)扇状地を形成、さらに下流では長良川・揖斐川とともに大沖積地を形成、堤防で囲まれた輪中(わじゅう)地帯や伊勢湾岸の干拓地が広がる。上流域ではヒノキ・スギなどの良材を産出し、かつては筏(いかだ)流しが行われた。本・支流には数多くの発電所やダムがあり、日本屈指の電源地帯をなす。愛知用水などの水源となり、名古屋市周辺の工業用水・農業用水・上水道に利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木曽川の関連情報