コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤沢文治 あかざわぶんじ

3件 の用語解説(赤沢文治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤沢文治
あかざわぶんじ

[生]文化11(1814).9.29. 備中,浅口
[没]明治16(1883).10.10. 備中,浅口
金光教教祖。安政2 (1855) 年大病後,金神を信仰。同6年立教神伝を受け,農業をやめて布教に専心。金神を「天地の祖神,愛の神たる天地金乃神」と説く。のち多くの弾圧を受けるが,金光教は西日本を中心に広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤沢文治 あかざわ-ぶんじ

金光大神(こんこう-だいじん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤沢文治
あかざわぶんじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤沢文治の関連キーワード加藤直蔭住吉慶意淡海玉潾六条有容佐々木信瑞伊東祐丕堀親義間部詮允山彦河良(3代)渡辺潔綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone