コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤沼智善 あかぬま ちぜん

2件 の用語解説(赤沼智善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤沼智善 あかぬま-ちぜん

1884/85-1937 明治-昭和時代前期の仏教学者,僧。
明治17/18年8月25日生まれ。真宗大谷派。明治42年清沢満之(まんし)なきあとの浩々洞(こうこうどう)同人となる。大正3年セイロン(現スリランカ),イギリスに留学,パーリ語,原始仏教を研究。帰国後大谷大教授。昭和12年11月30日死去。53/54歳。新潟県出身。真宗大谷大(現大谷大)卒。著作に「漢巴(かんぱ)四部四阿含(あごん)互照録」「印度仏教固有名詞辞典」など。
【格言など】人間は欲である,欲からなる者である,欲によって動くものである(「仏教生活の理想」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤沼智善
あかぬまちぜん
(1884―1937)

真宗大谷派の学僧。明治17年8月25日新潟県長岡の願浄寺に生まれる。1914年(大正3)真宗大谷大学(現大谷大学)研究科を卒業し、セイロンスリランカ)およびイギリスに留学。セイロンではニャーニッサラ僧正に就いてパーリ語を学び、1919年帰国、ただちに真宗大谷大学教授に就任して原始仏教を講じた。1937年(昭和12)自坊において修理中の土蔵で奇禍にあい、同年11月30日没した。主著に『印度佛教固有名詞辞典』『漢巴(かんぱ)四部四阿含(あごん)互照録』『論文集』3巻がある。[舟橋一哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤沼智善の関連キーワード水野利八宇野積蔵大妻コタカ菅原精造千宗左(12代)滝正雄松山茂松山省三毛利教武森連

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone