コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤疱瘡(読み)アカモガサ

大辞林 第三版の解説

あかもがさ【赤疱瘡】

麻疹はしかの古名。 「 -といふもの出で来て上中下分かず病みののしる/栄花 嶺の月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の赤疱瘡の言及

【はしか】より

…この両者は古代にはしばしば混同されていた。例えば737年(天平9)に大流行した疫病の〈赤斑瘡(せきはんそう)〉,また998年(長徳4)の〈赤疱瘡(あかもがさ)〉はその症状からはしかとされる。江戸時代にもはしかはたびたび大流行を繰り返し,天然痘より死亡率が高かったので,〈疱瘡(天然痘)は器量定め,麻疹(はしか)は命定め〉といわれた。…

※「赤疱瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android