コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤白血病 せきはっけつびょうerythroleukemia

世界大百科事典 第2版の解説

せきはっけつびょう【赤白血病 erythroleukemia】

骨髄性白血病の一亜型で,白血球系細胞のみならず赤血球系細胞にも成熟障害を伴って異常に若い細胞(幼若細胞)が自律的に増殖する疾患。赤血球系異常幼若細胞は,悪性貧血にみられる巨赤芽球に類似する(巨赤芽球様細胞)など種々の形態異常を伴うこと,末梢血液中に出現することなどを特徴とする。また,成熟した赤血球も著しい変形を伴う。病初期に白血球系細胞の異常のほうが明らかでなかったり(赤血病),赤血球系の異常がやがて消失して通常の白血病に移行することが少なくないためディ・グーグリエルモ症候群Di Guglielmo syndromeと呼ぶこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

赤白血病の関連キーワード急性白血病の分類成人赤芽球症ヘミン