コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂塩 あこうじお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤穂塩
あこうじお

瀬戸内海沿岸の播磨(はりま)国(兵庫県)赤穂地方に産する塩。この地は奈良時代に東大寺の荘園(しょうえん)になり、すでに製塩に関する記録が散見される。1645年(正保2)浅野家の入部以来、本格的に開発され、1680年(延宝8)ごろから漸次、塩奉行(ぶぎょう)、塩値師その他を置いて諸機構を整えた。18世紀末(寛政期)には総面積が400余町歩にも達し、1823年(文政6)に石炭焚(だき)を始めた。塩田はデルタを利用した入浜(いりはま)式で、気候とともに自然条件が製塩に適し、良質塩を産して、市場を広げた。東北、関東、東海、近畿、九州方面へ移出し、とくに江戸、大坂が多かった。1953年(昭和28)に流下(りゅうか)式塩田へ、1967年にはイオン交換樹脂膜法に転換され、1971年には塩田が完全に姿を消した。[富岡儀八]
『富岡儀八著『日本の塩道』(1978・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤穂塩の言及

【下り塩】より

…開府当初の江戸の塩需要は下総行徳,武蔵大師河原など江戸湾岸で産出される地塩(地廻り塩)に依存していたが,江戸の発展は地塩だけではとうてい需要を満たしえず,瀬戸内十州塩に依存せざるをえなくなった。瀬戸内塩は元和(1615‐24)ころから江戸に流入しはじめるが,初めは阿波斎田塩,播州荒井塩,同赤穂塩が中心であった。武州川越の商人,榎本弥左衛門の覚書《万之覚》によると1652年(承応1)11月28日から12月5日までに江戸に入津した塩船は230艘で,そのうち100艘が荒井船であったといい,また当時,1年間に江戸に入津する塩船は250~300艘で,積荷は約50万俵であった。…

【塩廻船(塩回船)】より

…1艘の積載量は2斗5升俵で5000~6000俵,多いのは7000~8000俵にのぼっている。明治以降の例をあげると,1897年ころ関東行きの赤穂塩の廻船は,赤穂船27艘,浦賀船23艘,紀州船5艘,東京船4艘となっている。また尾張国知多半島の野間(愛知県知多郡美浜町野間)は著名な塩廻船の根拠地で,野間伊藤家の塩廻船をみると,幕末,江戸方面と瀬戸内を年4~5回往復している。…

※「赤穂塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤穂塩の関連キーワード佐藤三右衛門赤穂[市]志ほみ饅頭浅野長直赤穂御崎千種川播磨国斎田塩下り塩赤穂藩赤穂製塩塩田

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤穂塩の関連情報