赤穂浪士討ち入り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

元禄14(1701)年、江戸城内で吉良上野介(こうずけのすけ)に切りつけたとして、赤穂藩主の浅野内匠頭(たくみのかみ)が切腹に処せられ、浅野家は断絶。元禄15年12月14日、家臣の大石内蔵助ら47人(当初48人だったが、1人は脱退)が江戸本所の吉良邸に討ち入り、主君敵討ちを果たした。この事件をもとにした物語「忠臣蔵」は人形浄瑠璃歌舞伎などに脚色され、現在でもテレビドラマや映画の題材として人気がある。

(2018-11-26 朝日新聞 朝刊 徳島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤穂浪士討ち入りの関連情報