超乗(読み)ちょうじょう

精選版 日本国語大辞典「超乗」の解説

ちょう‐じょう テウ‥【超乗】

〘名〙
① 車に飛び乗ること。転じて、時流にのること。
※偽悪醜日本人(1891)〈三宅雪嶺〉醜「美術の製作に従事すと称すれば、転た世間の俗物をして、開化超乗したる人物の如く思はしむ」 〔春秋左伝‐僖公三三年〕
② こえること。のりこえること。とびこえること。
※日本外史(1827)三「高綱則超乗而過、上岸自名」
③ ある程度をこえてふえること。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の任務「其収穫三倍以上に超乗するは〈略〉明瞭なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android