コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超仕上盤 ちょうしあげばん

2件 の用語解説(超仕上盤の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

超仕上盤【ちょうしあげばん】

粒度の細かい結合度の低い砥石(といし)を,比較的低い圧力で工作物表面に押し付け,振動を与えながら仕上げを行う工作機械。平面,円筒の内外面などをきわめて平滑に,短時間仕上げる
→関連項目研磨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超仕上盤
ちょうしあげばん
superfinishing machine

各種工作物の円筒の内外面に砥石(といし)を用いて超仕上げ加工を施す工作機械。ホーニング盤と同様に、精密中ぐり盤、研削盤などで仕上げ加工された円筒工作物の、外面、内面、あるいは水平面などの表面に砥石を低い圧力で押し付け、砥石を急速な微細振動を与えながら送り、工作物には回転運動を与えることにより平滑な仕上げ面が得られる。ホーニング盤と異なる点は、砥石に微細振動を付加したことと、砥石の押付け圧力を低くしたことで、これによってホーニング盤よりいっそう滑らかな仕上げ面が得られるようになっている。超仕上盤は、立て形と横形、単頭形と多頭形、および外面形と内面形などに分類されている。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の超仕上盤の言及

【工作機械】より

…能率が悪いので現在ではあまり用いられない。超仕上盤粒度の細かい,結合度の弱いといしを低い圧力で工作物表面に振動を与えながら押しつけ,同時に必要な形状創成運動を行い,平滑度のきわめて良好な面を加工する工作機械。ころがり軸受の内・外輪の転動体のころがる面の最終仕上げなどに用いられる。…

※「超仕上盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超仕上盤の関連キーワード亜炭砥石青砥油砥石四度の使シリコーン油低次真砥粗砥研磨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone