コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研削盤 けんさくばん grinding machine; grinder

6件 の用語解説(研削盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

研削盤
けんさくばん
grinding machine; grinder

研削加工に用いる工作機械の総称。通常使用目的から分類されており,円筒外周を研削する円筒研削盤,工作物をつかまずに円筒外周を加工する心なし研削盤,円筒内面を加工する内面研削盤,工作物の平面を研削する平面研削盤,摩粍や損傷した工具をおもに再研削する工具研削盤などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんさく‐ばん【研削盤】

砥石車(といしぐるま)を高速で回転させ、工作物の表面を精密に研磨仕上げする工作機械。グラインダー。研磨機。研磨盤。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

研削盤【けんさくばん】

グラインダーとも。砥石(といし)車を高速回転させ研削を行う工作機械。ベッド上に,工作物を保持するテーブルと,砥石車を備える砥石台がある。工作物の種類,また工作物と砥石車の相対運動(送り運動という)の行わせ方により円筒研削盤内面研削盤平面研削盤心なし研削盤などの種類がある。
→関連項目工作機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんさくばん【研削盤 grinding machine】

グラインダーともいう。工具として高速で回転する研削といし(といし車)を使用する工作機械で,切削加工が困難な焼入鋼や特殊合金鋼などの硬い材料までも加工することができる。といし車の表面にある多数の砥粒(とりゆう)が工作物に微少な切削を施すため,1000分の1mmオーダーの加工精度を得ることができ,その仕上面を表面の凹凸の高さで1万分の1mmオーダーの粗さにすることも可能である。とくに仕上面の粗さを小さくして鏡のようにする加工のことを鏡面研削仕上げと呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんさくばん【研削盤】

砥石といしを高速回転させ、工作物にも回転または往復運動を与えて、円筒や平面または特殊な形状の研削をするための工作機械。研磨機。 → グラインダー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

研削盤
けんさくばん

砥石(といし)を高速度で回転させ、砥石に切り込みを与えて、工作物を精密に仕上げる工作機械。砥石の運動と、工作物の運動の組合せにより多くの種類がある。たとえば円筒の内・外径用、平面用、歯車歯面やねじ面・カムなどの特殊曲面用などがある。普通の硬さの材料から、通常の切削工具では削れない焼入鋼や特殊合金鋼までの精密加工に、欠くことのできない工作機械である。
 研削盤は、精密仕上げが目的なので、機械を構成する各ユニットには、高い精度が要求される。高速で回転する砥石軸は、回転中、軸心が軸受内で安定しているとともに、発熱を抑える必要があるので、種々のくふうが施されたものが開発されている。たとえば、静圧軸受、動圧軸受、超精密転がり軸受、磁気軸受などがあげられる。また、きわめて微細な寸法を研削するためには、精度の高い砥石切込み装置が必要で、切込み装置のねじや歯車には、逆回転などのときに生じるあそび(バックラッシbacklash)を除くための機構が必要とされている。切込み装置だけでなく、各部案内での直進運動精度も高くなければならない。制御技術の進展に伴い、数値制御(NC:Numerical Controlled)研削盤が開発され、複雑形状の工作物への対応とともに、砥石の自動交換機能を搭載し、各種研削加工を同一機械上で行える複合研削盤も多く使われるようになってきている。
 砥石も研削能率の向上を目ざして新しいものが開発されている。砥石の外周(研削面)の速度が毎秒250メートルまで可能な高速研削用の砥石や、CBN(cubic boron nitride立方晶窒化ホウ素)砥石という、研削しにくい材料に対しても研削焼け、研削割れなどが生じにくく、また砥石摩耗が少なく安定した寸法精度が得られる砥石などがあげられる。
 研削盤には、自動定寸装置を用いたり、自動サイクル運転機能を付加したりして作業能率を高めた機種もある。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の研削盤の言及

【臼】より

…そのため,広義には臼はものを砕いたり,磨りつぶしたり,まぜたりする道具一般を指し,きわめて多岐にわたっている。石器時代において,搗き砕く目的につかう叩き石pounder(crusher)と,磨りつぶす目的につかう磨り石rubber(grinder)とは,すでにある程度の分化を示しているが,使い方により,どちらにも共用できるものもあり,その区別はつきにくい。これらの道具がしだいに大型化あるいは効率化してゆく過程で,さまざまの形態の臼に属する道具が発達し,その機能も専用化されてきた。…

【工作機械】より

…立て削り盤,形削り盤,平削り盤などはこの時期に開発された。19世紀後半以降,工作機械の発達の中心はアメリカおよびドイツに移り,この時期になると,現在のような電動機直結運転が行われ,研削盤,歯切盤などが開発された。20世紀に入ると,よりよい性能の製品を作り出すために,工作機械は急速な発展を遂げ,歯車研削盤,ホーニング盤などが開発された。…

※「研削盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

研削盤の関連キーワードタグラインアンダーライングラインダーグラウンダーオートワインダーツールグラインダーブラインダー仮面ライダーアクセルグランダインテンダーロインステーキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

研削盤の関連情報