コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超原子 チョウゲンシ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐げんし〔テウ‐〕【超原子】

数個から数十個の原子が集まり、価電子数を同じくする別の原子や分子に似た性質を示すクラスター。1990年頃に発見され、13個のアルミニウムが結合しハロゲン原子に似た性質を示すものや、ニッケルチタン酸素)、パラジウムジルコニウム酸素)、プラチナタングステン炭素)などの組み合わせが知られる。高価で希少な金属を安価な超原子で代替するといった応用が考えられている。スーパーアトム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

超原子の関連キーワード数個

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android