コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価電子(読み)カデンシ

世界大百科事典 第2版の解説

かでんし【価電子 valence electron】

原子は原子核とそれをとりまく一群の電子(核外電子)から構成されている。核外電子が占める軌道のうち,内側のものは一般に電子が完全に詰まって閉殻になっているが,最も外側の軌道は部分的にしか電子が詰まっていない。このような最外部にある電子によって,原子価その他の化学的な性質が支配されるので,それらを価電子あるいは原子価電子と呼んでいる。【黒田 晴雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かでんし【価電子】

原子の最外殻にある電子。イオンの形成や化学結合の形成に関与し、原子価などの化学的性質を決定する。原子価電子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の価電子の言及

【電子】より

…これらの電子のうち,原子核にごく近い軌道上にあるものは内殻電子,または芯電子と呼ばれる。一方,外側の軌道を回り,比較的弱く原子核にとらえられている電子は外殻電子,または価電子と呼ばれ,物質の化学的な性質や物理的な性質を決定づけている。例えば原子が化学結合して分子や固体を形成するのは価電子の働きによっている。…

※「価電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android