コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音波溶接 ちょうおんぱようせつsupersonic(ultrasonic) welding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超音波溶接
ちょうおんぱようせつ
supersonic(ultrasonic) welding

金属の接合部位に 20~60kHzの超音波振動を与え,振動エネルギーを熱エネルギーに変えてそれにより接着する方法。アーク溶接のような溶剤被覆やガスシールドの必要がなく,通常の溶接が困難なステンレス鋼アルミニウムジルコニウム,チタン,モリブデン,あるいは異種金属の接合もでき,接合部の組織もよい。これは溶着が融点以下の温度で進行するためといわれる。大型溶接はできないので,航空機用軽合金の点溶接に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

超音波溶接【ちょうおんぱようせつ】

被接合材を2個の圧接用チップにはさんで,一方から20〜60kHzの超音波振動を与え,摩擦による発熱によって接合する溶接法。アルミニウムやプラスチックの接合に使用される。
→関連項目超音波溶接

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

超音波溶接の関連キーワード圧電素子

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超音波溶接の関連情報