コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高層大気物理学 ちょうこうそうたいきぶつりがくaeronomy

翻訳|aeronomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高層大気物理学
ちょうこうそうたいきぶつりがく
aeronomy

地上数十km以上の電離層を含む空間で起こる自然現象を研究する分野。この空間には宇宙線電磁波,太陽から放出されたプラズマなどが存在し,これらと地球磁場との接点として注目される領域である。ロケット人工衛星で直接観測ができるようになり,急速に研究が進んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超高層大気物理学の関連キーワード超高層物理学高層気象学地球物理学高層大気昭和基地気象学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android