コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越のルビー

デジタル大辞泉プラスの解説

越のルビー

福井県で生産されるトマト。中型で、糖度は7~9度と高い。県立短期大学(現在の福井県立大学)農学科で育成され、1992年に品種登録された。命名は同県出身の作家・津村節子

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

越のルビー[果菜類]
こしのるびー

北陸甲信越地方、福井県の地域ブランド。
大玉とミニの中間にあたるミディトマト。糖度が高く、ほどよい酸味もあわせもつ。ルビーのような真っ赤な色としっかりした果肉が特徴。ビタミンCやリコピンなどを含み、栄養価も高い。フルーツ感覚で食べることができる。福井県出身の作家・津村節子の命名。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

越のルビーの関連情報