コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越佐史料 えっさしりょう

1件 の用語解説(越佐史料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えっさしりょう【越佐史料】

越後,佐渡両国の編年史料集。新潟市大形の地主高橋義彦が兄の吉田東伍の志を継ぎ,東京帝国大学史料編纂掛の渡辺世祐,花見朔巳,布施秀治らの協力を得て編纂。《大日本史料》に範をとり,綱文をたて史料を配する。第1巻(神代から)は1925年刊。31年第6巻(天正12年6月まで)を刊行したが,高橋の死により中絶した。草稿本(明治4年12月まで)は新潟県北方文化博物館に蔵する。【小村 弌】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone