コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田東伍 よしだ とうご

美術人名辞典の解説

吉田東伍

明治時代の歴史地理学者。旗野木七の三男。吉田家の嗣。小学校教員。北海道庁書記をしながら独学で日本史を学び田口卯吉主宰の「史海」へ投稿し、落後生の匿名で読売新聞史論を掲載。また人文地理学の立場で『大日本地名辞書』を編纂して文学博士となる。従来の観阿弥世阿弥謡曲の作曲者で詞章の作者ではないとの説をくつがえした。著書に『徳川政教考』『日本歴史地理の研究』等がある。大正7年(1918)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐とうご【吉田東伍】

[1864~1918]歴史地理学者。新潟の生まれ。独学で歴史学者となり、のち早大教授。著「大日本地名辞書」「倒叙日本史」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉田東伍【よしだとうご】

史学者。越後(えちご)国蒲原(かんばら)郡の生れ。小学校教員,新聞記者をしながら独学。1893年《日韓古史断》《徳川政教考》で学者として立った。のち早大教授。
→関連項目世阿弥十六部集南北朝正閏問題

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田東伍 よしだ-とうご

1864-1918 明治-大正時代の歴史地理学者。
元治(げんじ)元年4月14日生まれ。独学で歴史学をおさめ,明治25年から落後生の筆名で「読売新聞」に史論を発表。十数年をかけて「大日本地名辞書」をあらわす。能楽の研究もすすめ「世阿弥(ぜあみ)十六部集」を校訂,刊行した。44年早大教授。大正7年1月22日死去。55歳。越後(えちご)(新潟県)出身。旧姓は旗野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田東伍

没年:大正7.1.22(1918)
生年:元治1.4.10(1864.5.15)
明治大正期の先駆的な歴史学・歴史地理学者。4月14日誕生説もある。越後(新潟県)蒲原郡の旗野家の3男に生まれ,小学校卒業後,小学校教員になり,大鹿新田(新津市)の吉田家の養子となった。この間北海道に渡り,読書に励んだ成果などを新聞・雑誌に「落後生」などの筆名で投稿,特に『史海』への投書論考は,主筆田口卯吉の注目をひき,学界への登竜門となった。また親戚の市島謙吉に紹介され「徳川政教考」を『読売新聞』に連載し,日清戦争に記者として従軍。また『日韓古史断』を書いて,学界での地位を固めた。その研究は日本歴史の全分野にわたり,歴史地理学の分野で『大日本地名辞書』(全11冊),『日本読史地図』などが先鞭をつけている。社会経済史の分野では『庄園制度之大要』が,近代史の分野では『維新史八講』があり,現代より過去にさかのぼるという歴史的視野の問題を含む通史『倒叙日本史』(全12巻)もある。また『世阿弥十六部集』の発見は学界を刺激した。『海の歴史』『利根川治水論考』や,論文集『日本歴史地理之研究』の問題提起は今日でも注目される。<参考文献>高橋源一郎編『吉田東伍博士追懐録』

(松島榮一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしだとうご【吉田東伍】

1864‐1918(元治1‐大正7)
歴史地理学者。新潟県北蒲原郡保田村(現,安田町)に生まれる。旗野木七の三男,のち吉田家を継いだ。新潟英語学校に一時学んだほか,学校教育は全然受けず,独学で小学校教員となった。24歳のとき那珂通世の《年代考》を読み,史学のとりことなり,翌年から2年間北海道に身をひそめ,歴史地理の研究に没頭した。北海道から《史学雑誌》に寄稿した《古代半島興廃概考》が学者の注意を引き,読売新聞社から招かれて上京した。落後生という筆名で続々史論を発表し注目された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よしだとうご【吉田東伍】

1864~1918) 歴史・地理学者。越後の生まれ。独学で歴史を研究し「徳川政教考」を著す。また、「大日本地名辞書」を編纂へんさん、地理学の発展に貢献した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田東伍
よしだとうご

[生]元治1(1864).新潟
[没]1918.1.23. 東京
歴史学者。旗野木七の3男。教員,読売新聞記者のかたわら歴史学を修め,1901年東京専門学校講師,次いで早稲田大学教授となった。その間歴史地理学会を創立し,1900~07年『大日本地名辞書』を,09年続編を編纂刊行。一方能楽を研究し『世阿弥十六部集』を校訂刊行した。主著『徳川政教考』 (1893) ,『維新史八講』『倒叙日本史』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田東伍
よしだとうご
(1864―1918)

明治・大正期の歴史学者。文学博士。元治(げんじ)元年4月10日越後(えちご)国(新潟県)北蒲原(きたかんばら)郡保田(やすだ)町(現阿賀野(あがの)市)に生まれる。新潟学校中学部を中退後、独学。小学校教員ののち、一時北海道に渡ったが、1891年(明治24)上京して『読売新聞』記者となった。記者のかたわら『日韓古史断』『徳川政教考』を出版し、歴史家としての地位を固めた。1901年(明治34)東京専門学校(翌年早稲田(わせだ)大学と改称)文学部史学科講師となり、以後、国史、日本地誌、明治史、日本地理を担当した。『大日本地名辞書』(初版全11冊・1900~07、続篇(へん)1909)が代表著作で、ほかに『庄園(しょうえん)制度之大要』『倒叙日本史』『能楽古典世阿弥(ぜあみ)十六部集』などがあり、社会経済史、生活史や通史叙述の先駆者の一人となった。早稲田大学教授となったのち、さらに維持員、理事に就任したが、大正7年1月22日尿毒症のため急逝した。[佐藤能丸]
『永原慶二・鹿野政直編著『日本の歴史家』(1976・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉田東伍の言及

【花伝書】より

世阿弥が父観阿弥の遺訓に基づいてまとめた最初の能楽論。正しい書名は《風姿花伝》あるいは《花伝》であるが,1909年吉田東伍によって翻刻されたいわゆる吉田本が《花伝書》と命名して以来,この名で知られている。ただし,本来,〈花伝書〉とは室町末期以来の能伝書一般あるいは華道の伝書を意味した呼称であり,また世阿弥の遺著に仮託されてきた《八帖花伝書》の題名でもあって,それを吉田本が本書に転用したのは必ずしも妥当な処置とはいえない。…

【風姿花伝】より

…世阿弥後年の能楽論はそのほとんどが本書の説に胚胎(はいたい)しており,数ある世阿弥伝書中,最も基本的,かつ代表的著作と評してよい。1909年,吉田東伍により,初めて翻刻・公刊された。【中村 格】。…

※「吉田東伍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田東伍の関連キーワード阿賀野市立吉田東伍記念博物館新潟県阿賀野市保田新潟県阿賀野市阿賀野(市)坂本 嘉治馬冨山房[株]坂本嘉治馬宴曲十七帖吉田 東伍蘆田 伊人野上豊一郎高橋 義彦4月10日大正時代風姿花伝地名事典房総半島蘆田伊人越佐史料明治時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android