コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙明熙 ちょうめいきCho Myŏng‐hǔi

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうめいき【趙明熙 Cho Myŏng‐hǔi】

1892‐1942
朝鮮の詩人,小説家。号は抱石。忠清北道鎮川生れ。渡日して東洋大学哲学科に学ぶ。1923年帰国して記者生活ののち,28年ソ連領に入り主に教員生活を送る。36年ハバロフスクでソ連作家同盟極東地区常務として働き,ソ連で生涯をおえた。この間25年カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)創建に参加。故郷を奪われた主人公の闘いと死を描いた代表作《洛東江》(1927)は,革命的ロマンティシズムに溢れる短編であり,朝鮮プロレタリア文学史にきわだつ秀作といえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

趙明熙の関連キーワード朝鮮之光

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android