コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足助重氏 あすけ しげうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足助重氏 あすけ-しげうじ

?-1333 鎌倉時代の武将。
三河(愛知県)足助荘にすみ,子の重保とともに新田義貞の鎌倉攻めにくわわり,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月22日戦死した。通称は次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足助重氏

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉後期の武士。三河国加茂郡足助荘(愛知県東加茂郡足助町)の在地領主霜月騒動(1285)で所領を没収されて以降,反北条的立場を貫いていた足助氏の一員として討幕運動に参加。新田義貞の鎌倉攻撃に加わり戦死した。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

足助重氏の関連キーワード足助重信鎌倉時代没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android