コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足引きの アシヒキノ

デジタル大辞泉の解説

あしひき‐の【足引きの】

[枕]
「山」および「山」を含む語「山田」「山鳥」などにかかる。
「―山の雫(しづく)に妹(いも)待つと」〈・一〇七〉
「―山鳥の尾のしだり尾の」〈拾遺・恋三〉
「峰(を)」「八峰(やつを)」「岩根(いはね)」などにかかる。
「―峰の上(へ)の桜」〈・四一五一〉
[補説]後世、「あしびきの」と濁る。語義には、足を引いてあえぎつつ登る意、山すそを長く引く意など諸説がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしひきの【足引きの】

( 枕詞 )
〔「あしびきの」とも〕
「山」「峰」などにかかる。語義・かかり方未詳。 「 -山のしづくに妹待つと/万葉集 107

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

足引きのの関連キーワード万葉集山下陰八峰岩根出づ懇ろ山鳥

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android