コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足心道 そくしんどう

1件 の用語解説(足心道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足心道
そくしんどう

1926年に柴田和通が創始した健康法で,反射帯療法の一種である。「足心」とは,足の裏の中心部のことで,本来は東洋医学の用語で,原典の『素問』 (漢代) にも出ている。足心道は,足首から先の部分を良く観察して変化を見極め (観趾法) ,東洋医学の病理観をもとにした考え方により,関連する内臓や器官の状態を知り,それに対応する足の特定部位をもみほぐし,内臓などの働きを良くして自然治癒力を旺盛にするものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足心道の関連キーワード今井船華頂宮柴田尊鎮流北条流健康法光琳菊光琳波宮古路節根岸流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone