コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足白癬(汗疱状白癬/みずむし) あしはくせんかんぽうじょうはくせんみずむし Foot Ringworm, Tinea Pedis

1件 の用語解説(足白癬(汗疱状白癬/みずむし)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あしはくせんかんぽうじょうはくせんみずむし【足白癬(汗疱状白癬/みずむし) Foot Ringworm, Tinea Pedis】

[どんな病気か]
 足底(そくてい)や足縁(そくえん)、趾間(しかん)(足指の間)など、角質(かくしつ)が厚く、毛孔(もうこう)がない部分にできます。猩紅(しょうこう)色菌と毛瘡菌(もうそうきん)がおもな原因菌です。男性にやや多く、10歳未満には少なく、20歳代から急激に増えます。
 一般に夏に悪化し、冬に軽快する傾向がありますが、暖房の普及した現在では、必ずしも冬に軽くなるとはかぎりません。長時間靴を履く人、発汗の多い人に多くみられます。
[症状]
 趾間型足白癬(しかんがたあしはくせん)、小水疱型足白癬(しょうすいほうがたあしはくせん)、角質増殖型足白癬(かくしつぞうしょくがたあしはくせん)の3つの病型があります。
■趾間型足白癬(しかんがたあしはくせん)
 趾間の皮がむけ、角質が厚くなって白くふやけたり、びらん(浅い潰瘍(かいよう))になることがあります。薬指と小指の間に、もっともよくみられます。
■小水疱型足白癬(しょうすいほうがたあしはくせん)
 足底や足縁に小水疱、鱗屑(りんせつ)が生じ、強いかゆみがあります。季節的変動がはっきりしています。
■角質増殖型足白癬(かくしつぞうしょくがたあしはくせん)
 足底全体の角質が厚くなり、鱗屑や亀裂(きれつ)が生じますが、前の2つに比べずっと少ないものです。かゆみや季節的変動がないため(ただし、亀裂は冬のほうがひどい)、みずむしと思っていない人が多いようです。
 以上、いずれも汗疱(かんぽう)、湿疹(しっしん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、掌蹠角化症(しょうせきかくかしょう)、紅色陰癬(こうしょくいんせん)などと症状が似ているため、真菌の確認による鑑別診断が必要です。
[治療]
 趾間型足白癬、小水疱型足白癬では、外用抗白癬剤を1日1~2回塗布(とふ)します。とくに入浴後が効果的です。最低1~2か月は続けることが必要で、1年以上かかることもあります。再発させないコツは、きれいになってもさらに2か月続けること、皮疹部(ひしんぶ)より広く塗ることです。角質増殖型は外用療法では治らないことも多く、経口の抗白癬剤を服用します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

足白癬(汗疱状白癬/みずむし)の関連キーワード足紋測程器鈍足何心地不死身プリマドンナ病は気から足底腱膜炎足底上足底

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone