コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足立山 あだちやま

1件 の用語解説(足立山の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕足立山(あだちやま)


北九州市小倉北(こくらきた)区と小倉南区の境にある山。企救(きく)山地の最高峰で、古生層からなる。標高598m。東の周防灘(すおうなだ)から関門(かんもん)海峡、北の響(ひびき)灘、そして北九州工業地帯の展望がよい。北九州国定公園に属する。西側山麓(さんろく)は森林公園。霧ヶ(きりが)岳とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足立山の言及

【筑紫山地】より

…地質は大部分が中生層,古生層,花コウ岩類であるが,肥前山地では第三紀層上の厚さ約300mの玄武岩が台地を形成している。標高は大部分が1000m前後であるが,東の企救山地は最高598m(足立山),西の肥前山地は最高777m(国見山)である。企救山地から脊振山地にかけては標高約1000m,500m,300mの3段の浸食平たん面が形成されており,3回の間欠的な土地隆起があったことを示している。…

※「足立山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足立山の関連キーワード小倉北区北九州市立大学小倉小倉北小倉南アミュプラザ小倉サンリブシティ小倉THE MALL小倉チャチャタウン小倉ラフォーレ原宿小倉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足立山の関連情報