コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足立山 あだちやま

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕足立山(あだちやま)


北九州市小倉北(こくらきた)区と小倉南区の境にある山。企救(きく)山地の最高峰で、古生層からなる。標高598m。東の周防灘(すおうなだ)から関門(かんもん)海峡、北の響(ひびき)灘、そして北九州工業地帯の展望がよい。北九州国定公園に属する。西側山麓(さんろく)は森林公園。霧ヶ(きりが)岳とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の足立山の言及

【筑紫山地】より

…地質は大部分が中生層,古生層,花コウ岩類であるが,肥前山地では第三紀層上の厚さ約300mの玄武岩が台地を形成している。標高は大部分が1000m前後であるが,東の企救山地は最高598m(足立山),西の肥前山地は最高777m(国見山)である。企救山地から脊振山地にかけては標高約1000m,500m,300mの3段の浸食平たん面が形成されており,3回の間欠的な土地隆起があったことを示している。…

※「足立山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足立山の関連キーワード北九州工業地帯北九州国定公園安部 熊之助安部熊之輔安部熊之助企救半島森林公園小倉南区霧ヶ岳最高峰周防灘古生層山地関門海峡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足立山の関連情報