コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足立山 あだちやま

1件 の用語解説(足立山の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕足立山(あだちやま)


北九州市小倉北(こくらきた)区と小倉南区の境にある山。企救(きく)山地の最高峰で、古生層からなる。標高598m。東の周防灘(すおうなだ)から関門(かんもん)海峡、北の響(ひびき)灘、そして北九州工業地帯の展望がよい。北九州国定公園に属する。西側山麓(さんろく)は森林公園。霧ヶ(きりが)岳とも。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の足立山の言及

【筑紫山地】より

…地質は大部分が中生層,古生層,花コウ岩類であるが,肥前山地では第三紀層上の厚さ約300mの玄武岩が台地を形成している。標高は大部分が1000m前後であるが,東の企救山地は最高598m(足立山),西の肥前山地は最高777m(国見山)である。企救山地から脊振山地にかけては標高約1000m,500m,300mの3段の浸食平たん面が形成されており,3回の間欠的な土地隆起があったことを示している。…

※「足立山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足立山の関連情報